2009年02月25日

2004年(平成16年)9月17日オーストラリア復員兵士連盟シドニー・エッピング支部より故伊藤清治遺品返還〜式典風景


ceremony1.jpg
右よりP・グリン神父、当サイト管理人(神戸)、ICET梅井さんの御母堂、エッピング支部長J・カーディー氏、ICET梅井さん


ceremony2.jpg
右より同支部前副支部長N・ウェイトマン氏、当サイト管理人(神戸)、同支部前支部長C・ブラウン氏、同支部長J・カーディー氏、C・ブラウン夫人


ceremony3.jpg
同支部長J・カーディー氏


[遺品返還に際し同封されたグリーティング・カードの文面]

EPPING SUB BRANCH OF THE NSW STATE BRANCH OF THE RETURNED AND SERVICES LEAGUE OF AUSTRALIA

THIS CARD RECORDS THE PRESENTATION BY THE MEMBERS OF THE EPPING RSL SUB-BRANCH OF THIS JAPANESE FLAG TO YASUHIKO KAMBE, THE GRAND NEPHEW OF SEIJI ITOH WHO SERVED IN THE JAPANESE NAVY DURING WORLD WAR 2.
AN AUSTRALIAN SOLDIER, HUGH BRENNAN FOUND THE FLAG, IN 1945 AT BALIKPAPAN BORNEO. HE LATER GAVE THE FLAG TO THIS RSL SUB-BRANCH WHERE IT HAS BEEN IN SAFE KEEPING TO THIS DAY.
THE EPPING SUB-BRANCH OF THE RSL THIS DAY 17TH SEPTEMBER 2004 RETURNS THIS FLAG TO ITS COUNTRY OF ORIGIN AND TO THE FAMILY OF ITS OWNER.

JOHN K CURDIE OAM Sub-Branch President


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

オーストラリア復員兵士連盟ニュー・サウス・ウェールズ州事務局エッピング支部

このカードはエッピングRSL支部会員による、神戸康彦氏への日章旗返還式典を記録するものであり、彼の大叔父にあたる故伊藤清治氏は第二次世界大戦中、日本海軍に配属されました。
オーストラリア兵の故ヒュー・ブレナン氏は1945年、この旗をボルネオ島(バリックパパン)において発見しました。彼は後年、当支部に旗を委ね、以後今日まで保管されてきました。
本日2004年9月17日、エッピングRSL支部は祖国のご遺族に対し、この旗を返還いたします。

支部長 ジョン・K・カーディー(OAM)


(日本語訳:当サイト管理人)
posted by Yasuhiko Kambe at 20:15| Comment(0) | 2004年返還 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。